トップページ » 2010年01月
2010年01月

ランチと一緒にワインはいかがですか?

「カフェ パルランテ」はコーヒーのお店であり、
もう一つ、美味しいワインをご用意しているお店・・・と謳ってます。

最近は自動車運転手に対してアルコール規制があり、
運転されて来られる方にはお勧めができないのですが、
イタリアを中心にした美味しいワインを取り揃えております。

夜は21時ラストオーダーのお店なので、
食後にコーヒーを飲みにご利用いただけたら嬉しいです。
そして、食後に軽く飲みなおそうといったご利用もお待ち致しております。

加えまして、
ランチに食事をしながらワインを楽しまれたい方にもご利用いただけるように
メニューを少し変更いたしました。

ランチメニューに選択していただく“ドリンク”をご用意しております。
エスプレッソ、カプチーノ、コーヒー(ホット・アイス)、
紅茶(ホット・アイス)、林檎ジュース

こちらに、グラスワイン(赤・白)を加えました。

一杯のワインで食事をより美味しく、
楽しく過ごしていただけたら嬉しいです






ドン・チッチョcaffep  at 23:38コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

冬期休業のお知らせ

お知らせが遅くなりましたが、
カフェ パルランテでは冬期休業をいただいております。

本日18日(月)定休日と明日19日(火)の二日間を連休とさせていただきました。
よろしくお願い致します。

20日(水)からは通常営業いたします。
皆様のご来店をお待ち致しております。


ドン・チッチョcaffep  at 00:51コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

自宅でエスプレッソを!

自宅で珈琲をいれて飲まれる方はたくさんいらっしゃると思います。
日本での珈琲文化の浸透には、喫茶店を初めて改めて感心するこの頃です。

今日は、ご家庭でイタリアのコーヒーの楽しみ方をご紹介します。

イタリアの珈琲と言えば「エスプレッソ」です
イタリアに行くと、これは本当なんだ!!と実感します。

イタリアでは「エスプレッソ」と言わず、「caffe'(カッフェ)」と発音します。
すべてのコーヒーがこの「カッフェ」からできているといっても
過言ではないかもしれないです。

皆さんがよく飲まれているような、ドリップ珈琲に似たものは
「アメリカーノ」と言われます。
このコーヒーをバール(イタリアの喫茶店的お店)で注文されると、
通常サイズのカップにエスプレッソを落とし、
お湯をいれたピッチャーと一緒に提供されます。
エスプレッソを自分の好みに薄めて飲むスタイルです。
ちょっとびっくりします。

バールにはバリスタがいて、独特の大きなエスプレッソマシーンで
エスプレッソを落として提供しますが、
家庭にはそのような本格的マシーンはありません。
イタリアの家庭に必ず一つはあるのが、
マキネッタと呼ばれる直火式エスプレッソメーカーです。
きっと目にされたことがある方は多いのではないでしょうか。
ただ、使っているところを見たことがないため、
使用方法がわからない方が多いと思います。

お店で出されるエスプレッソほどの濃厚な物は抽出されないのですが、
これでも十分に美味しい「caffe'」を楽しんでいただけます。

カフェオレやカフェラテを楽しまれる方には特にお勧めしたい器具です!
私はドリップコーヒーにミルクを落とすカフェオレより濃厚で美味しい!
と思って、これにハマリました。

準備するものは、
マキネッタ(二人用がいれやすくて美味しいと思います)
002










エスプレッソ用のコーヒー豆(深煎りタイプの豆をエスプレッソ用に挽いたもの)
水道水

1、マキネッタを分解して、
007






一番下の容器に目盛まで水をいれます。
2、容器にはまっていた、穴のあいた容器を1に戻して、
008






そこにコーヒー豆をすれすれになるようにしっかりと詰めます。
009






3、取っ手の付いた容器をその上にはめてしっかりネジを締めます。
4、ガスコンロの上に直火にかけます。
  火力が弱すぎると時間がかかります。

手順は以上です。
電気コンロの場合は残念ながら使用できないようです。

火にかけてしばらくすると、コポコポと音がして(しない場合もありますが)
コーヒーのとてもよい香りが部屋に広がります。
蓋のつまみを明けてみてください。
いっぱいにコーヒーができていたら火を止めます。出来上がりです

できたコーヒーはイタリア風に小さなカップに移して砂糖をスプーンにしっかり一杯いれてよくよく掻き混ぜて飲むもよし、
そのまま何も混ぜずに飲むもよし(苦いです)、
温めた牛乳を通常のカップに一杯分になる量まで注いで飲むもよし(お勧め)です。


「エスプレッソ」とは直訳で「特急」の意味です。
自宅で作っていただいても、時間はかかりません

ついでの宣伝になりますが、
カフェ パルランテではエスプレッソ用の豆の販売もいたしております。
美味しい豆をその場で挽いてご提供させていただきます。

ドン・チッチョcaffep  at 23:10コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

寒い日には煮込み料理で温まって!

今年に入ってから、雪の降る日が多いですね
今朝の雪にもビックリしましたが、
午後には太陽がすべて溶かしてくれて助かりました。
明日もまだまだ油断ができないようですね。
とても寒いので、しっかり着こんで出かけましょうね

昨日、煮込みについて書きましたが、
現在の「牛肉と大根の白ワイン煮込み」の写真がありませんでした。
今日は写真に納めてきました。それがこちらでです。
006














寒い日に煮込みセットはお勧めです!
体が温まりますよ

そして、明後日あたりから煮込みメニューの変更を考えています。
7日に一日だけ「イカ」を使った煮込みをご用意しました。
見た目にお肉より少しボリュームにかけてしまう点と、
お肉のほうが皆様に喜ばれているという点、、
見た目地味なのにコストがお肉より高かった
という点があって、一日で消えてしまいました。
が!試食した私たちがとても気に入っていて、
復活させることにしました。
イカとジャガイモをトマトで煮込みます。
オリーブを一緒に煮込んでいるので、
オリーブの風味がよく利いた、地中海の香り!?の煮込みです。

イカの風味はご飯によく合いますが、
パンにソースをつけて(パンでソースをすくって)
食べていただくのも美味しいです。

明後日あたりから、、、と曖昧ですが、
是非ご賞味ください
008

ドン・チッチョcaffep  at 00:25コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ランチメニュー

オープンの11時から14時までの間に
「ランチセット」をご用意いたしております。

それ以外の時間にも食べてはいただけますが、
アラカルトでのご注文となりますので、
可能な方は是非時間内にご入場いただきセットで召し上がっていただいた方が
やはりお得です

ランチは2種類のみのご用意です。

・パニーニセット    ¥950

パニーニ  (イタリア産サラミ、サニーレタス、トマトをサンドしています)
本日のスープ (内容は材料次第で変更いたします)
ピクルス
ドリンク(エスプレッソ・カプチーノ・珈琲・紅茶・リンゴジュースのどれか)  

パニーニとは、イタリアの町中に点在しているバール(カフェ兼バー)にある
定番のメニューで、丸型の小さいパンに具を挟んで専用の器具で焼いた
ホットサンドです。
具材は、生ハム、サラミ、チーズ(種類いろいろ)、トマト、キノコ、ズッキーニ、なす・・・色々あります。
そんな中私たちが選んだのは、イタリア産のサラミです。
直輸入のハムやサラミには色々な規制があるため、日本に入ってくる物が
限られているようです。運よく臭みがすくなくて、
食べやすい(もちろん美味しい!!)サラミと出会えたので、
そのサラミを毎日手でスライスしております。
狭いキッチンスペースでスライサーのような機械を扱う場所がなく・・・。
そのため(不器用なため)、比較的厚めのスライスとなってます

022















026
















・本日の煮込みセット   ¥1200

本日の煮込み (今は牛肉と大根の白ワイン煮込み)
グリ−ンサラダ
パン or ライス
ピクルス
ドリンク(エスプレッソ・カプチーノ・珈琲・紅茶・リンゴジュースのどれか)

本日といいましても、決して日替わりではございません。
7日から10日ほどで変更しておりますが、
たまに仕入れ食材の都合で急きょ変更のことも。
お皿の上でゴロゴロとお肉や野菜が転がっている、
何とも色気のない煮込みですが、
店主が鍋から離れることなく頑張って煮込んでおります

ひとつの深鍋(寸胴)での作業のため、
一日10食の限定セットとさせていただくのか精一杯です。

現在の白ワイン煮込みの写真がないため、
昨年末にご用意していた煮込みの写真をアップします。
こんなものですので、参考になさってください。

ポトフ
012

















ビーフシチュー
011









ドン・チッチョcaffep  at 23:50コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!