トップページ » イタリアの話でテンションMAXヾ(´∇`)ノ゙

イタリアの話でテンションMAXヾ(´∇`)ノ゙

先日お店にいらっしゃった60代のご夫婦。

「バッサーノ・デル・グラッパに知り合いがいて行ったことがあるのですが・・・」

おおぉぉーーΣ(゚ロ゚ノ)ノ
なんてマニアックな村の名前が!!

すっごく辺ぴなところにあって、電車の本数も少なくて、絶対日本人がいない。
僕も一回しか行ってないけど、すっごく覚えてる。

ド 「何にもないですよねー(笑)」

客 「そうそう(笑)、橋しかないですよね〜」

この言葉で昔のアルバムが見たくなって・・・
今日の写真は、当時の写真をデジカメで撮りなおしてのアップです。
かなり画質悪いです

バッサーノ・デル・グラッパ街の風景
DSC_0158






お客様が話していた橋がコレ
DSC_0152











橋の入り口
DSC_0157











橋からの風景
DSC_0160













橋からの風景
DSC_0156













観光名所のようなものはありません。
この町で有名なのは、とにかくグラッパ。
町の名前でもあるイタリアを代表する蒸留酒。ブランデーの街です。
当然と言ったらおかしいですが、イタリアで一番アルコール中毒の人が多い街でも
あります

街中はグラッパ屋さんが多い。
DSC_0154











どこもこんな感じです。

そしてグラッパを作る工場。こちらは一番有名なナルディニ蒸留所。
DSC_0153













ポリ蒸留所はグラッパ博物館を併設しています。
DSC_0166
























しっかり中を見学した後、先ほどの橋の近くにあるバールに休憩に入ったのですが・・・
なんと!メニューがグラッパしかない!!((゚皿゚))嘘でしょ…
みんな昼からガンガン飲んでる・・・
そりゃアル中になるわ。
覚悟を決めて一杯飲んで(ドン・チッチョはアルコール弱いの
サッと出ました

お昼ご飯に食べたかったのが、バッサーノ・デル・グラッパのもう一つの名物。
ホワイトアスパラガス。
でも時期じゃないので当然メニューにもなく・・・
グリーンアスパラで代用した料理食べた・・・
まっ、しかたないね。


今でもイタリア時代の事は鮮明に覚えています。
お客様との会話に町の名前が出てくると、ブァ〜っと頭の中がその土地の色で
埋め尽くされます。それほど貴重な体験をした一年でした。
イタリア行きたいな〜〜
一度お店始めちゃうとなかなかね〜〜

ドン・チッチョcaffep  at 00:00
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星